自社ローンを福岡でお探しならご相談ください!

BOND

福岡の自社ローン

九州地方でマイカーの購入をご検討中の方は、福岡市博多区に拠点を構える「株式会社BOND」にお任せください。
当社は自社ローン完備の中古車販売店として、これまで九州地方にお住いのたくさんの方々の希望を叶えてきました。
車は欲しいけどまとまった資金がない、マイカーローンを申し込んだけど審査で落ちてしまったという方でも、自社にご相談いただければあなたの夢を叶えられる可能性は十分にあります。
何度も審査を受けることに不安があるという方も、ご安心ください。仮審査は匿名でも大丈夫です。

福岡の自社ローン

どうしてマイカーローンの審査に落ちた人でもローンを組めるの?と疑問に感じる方も多いと思いますが、当社では過去にあったことではなく、現状と将来の支払い能力を見極め審査しています。自社ローンであることから、当社が問題ないと判断すればローンを組んでマイカーを手に入れることができます。
もちろん、ローンが組みやすいだけではなく、お客様にお得ないろいろなサービスをご用意しています。例えば、マイカー購入後100日以内に万一事故歴があったことが判明した場合は、全額返金させていただきます。代車の無料サービスなども行っています。
ご相談は完全無料となっているので、中古車に関することならどうぞお気軽にお問合せください。

01中古車の購入で自社ローンを利用するメリットとは

銀行などでも自動車を購入するための専用のローンとしてオートローンなどの商品を用意していますが、中古自動車の販売店などでも自社ローンを完備している場合があります。
肝心の金利などは当然異なるわけですが、販売店側が用意した自社ローンを選ぶメリットとしては、なんと言っても審査に通りやすいことが挙げられます。
金融機関が提供しているローンに申し込み審査をパスできなくてマイカーの購入を諦めた方もいると思いますが、自社ローンに申し込みしたら審査をパスできて、自分の欲しかった車を手に入れたという方はたくさんいます。オートローンに限らず金融機関が提供しているローンでは、比較的審査基準が厳しく設定されていて、特に住宅ローンなどの他の借入があった場合は審査に通らないことが多いです。

中古車の購入で自社ローンを利用するメリットとは

しかし、自社ローンであれば販売店側が独自に審査基準を決められるため、しっかり返済できる人だと判断されれば、他の借入があってもマイカーを購入できる可能性が高いのです。
また、自社ローンは審査が早い点も大きなメリットで、審査を申し込んですぐに結果が出て、即日に納車できるというケースもあります。金機関や審判会社では、数日から1週間程度は審査にかかるのが一般的となっています。

02初めて自社ローンを利用する方が気をつけるべきこととは

初めて自社ローンを利用する方が気をつけるべきこととは

自社ローンを利用すれば、他のローンの審査に落とされた方でも夢のマイカーを手に入れられる可能性を高めることができます。ただし、審査に通ったからといって必ずしも希望が全て叶えられるとは限りません。例えば車は手に入れられるとしても、ローンを組める金額に制限を設けられることもあります。
そのため、本当に自分が欲しかった車ではなく、ワンランク下の商品で妥協しなければいけなくなることもあります。場合によっては理想とかけ離れた車しか選択できないこともあります。
金利面でも注意が必要で、低金利や金利が0というケースもありますが、実はその分が車両価格に上乗せされていることもあります。お得にマイカーを手に入れたと思っていたのに、本当は損をしていたということもあります。
ローンの審査をパスするために保証人が必要なるケースが多いことにも注意しなくてはいけません。親や兄弟でも良いとされることがほとんどですが、保証人を立てられない方も少なくないようです。
また、分割払いの回数が他のローンに比べて短いことにも気をつけなくてはいけません。
どうしても回数が短くなると、毎月の返済額の負担が大きくなり、車を維持するにはその他にもいろいろな費用がかかりますので、生活が苦しくなってしまう恐れもあります。

03自動車を購入する多くのお客様が抱えている3つのお悩み

1.どのローンを組むのが正解なの?
車を現金一括で購入できる人はそれほど多くはありません。そこでほとんどの方がローンを組んで分割払いで毎月返済するわけですが、ローンにもいろいろな種類があり、どれを利用するかで金利や返済の回数などが変わってきます。
例えば、銀行が提供しているオートローンなどを利用した場合は、金利相場は低いですが、審査に時間がかかるというデメリットがあります。ディーラーなどが提供しているローンは、審査期間は短いですが、金利が高い特徴があるので、条件面をしっかり考えてどのローンを組むか決めてください。

2.ローンの返済期間はどうすれば良い?
自動車を購入するのに限らず、ローンを組むときには返済期間をどうするかが大きな悩みとなります。
クレジットカードを利用する場合は、金利面を考えれば利息を支払わなくても良い一括払いが理想ですが、ローンを組む金額が大きくなればなるほど必然的に回数が多くなります。
毎月使えるお金をしっかり計算して、急な出費もあることを考えて、余裕を持って回数を決めましょう。

3.そもそも車を購入しても大丈夫?
車をローンで購入すると、当然ながら毎月一定の金額を返済していかなければいけません。さらに、車を維持するには車検代や修理代やガソリン代などの維持費がかかることになります。
車は便利なものですが、お金に余裕がない方が無理して購入することはおすすめしません。

04自動車ローンの種類

マイカーを購入するときにはローンを組む方が多いですが、車を購入するために用意されているローンにはいろいろな種類があって、どれを選択するかによってメリットもあればデメリットもあります。
主なローンの種類は「銀行ローン」「ディーラーローン」「残価設定クレジットローン」ですが、とにかく支払い総額を抑えたいなら銀行ローンがおすすめです。これはその名の通りに銀行が提携しているローンのことで、紹介した3つの中では最も金利が安い特徴があります。
支払総額は安く抑えたいけど、審査に落ちてしまった方にはディーラーローンがおすすめです。
これは自社ローンとも呼ばれており、ディーラー独自で審査基準を決められる分、審査に通りやすいというメリットがあります。審査時間が早いことも特徴で、申し込みの手続きの手間も省ける点もメリットとして挙げられます。
残価設定クレジットローンというのは、契約期間が終わった後の自動車の下取り価格を、購入費用から差し引いたうえでローンを組むというものです。聞き慣れない方も多いと思いますが、3〜5年などの短期間で、新しい車に乗り換えたいという方におすすめのローンです。月々の支払額をなるべく抑えたいという方におすすめです。

05福岡市博多区に拠点を構え九州全域に対応しています

当社は、福岡県福岡市博多区に店舗を構え、九州全域で中古車の販売を行っており、自動車の整備や板金、塗装、カー用品の販売、車検などにも対応しています。
九州以外にお住いのお客様でも積極的にお取引させていただきますので、どうぞお気軽にご相談ください。
福岡市は九州の経済、文化の中心地で、国際便も多く渡航していることから、アジアとの玄関口とも呼ばれています。
博多区は人口150万以上の大都市で、福岡の魅力がたくさん詰まっている日本でも有数の観光地です。
韓国からのアクセスが良い博多湾も擁していることから、韓国、中国、台湾から多くの観光客が連日訪れ、全国で訪日旅行者の訪問満足度ナンバーワンとなっています。
福岡空港から博多駅までは地下鉄でわずか5分にて行くことができ、市内アクセスの良さは抜群です。
そのうえ、日本一を誇る屋台をはじめとした食文化のクオリティの高さは、外国人観光客だけではなく、多くの日本人から認められています。博多明太子、とんこつラーメン、水炊き、もつ鍋の他にも、玄界灘で獲れた新鮮な魚の味は絶品です。
福岡では1年中を通してさまざまなお祭りやイベントが開催されています。日本一の賑わいをみせる「博多どんたく」には、毎年大勢の人たちが訪れ、街を盛り上げています。

06自社ローンを組む時にかかる費用の目安

自動車を購入するときにローンを組む際には、保険料や手数料などの費用は一括払いするのが基本となっています。ちなみに、車両代金や消費税は月々の支払いに分散することができます。
車を購入するときには、基本的に「車両代金」「法定費用」「諸費用」の3つの費用がかかります。
購入費用を抑えたいなら新車よりも中古車、グレードの高い車よりも低い車、人気がある車よりも人気のない車を選択しましょう。また、オプション装備によっても車両価格は変わります。

自社ローンを組む時にかかる費用の目安

法定費用とは、消費税の他にも、自動車税、環境性能割、自動車重量税、自動車損害賠償責任保険、自動車リサイクル料などのことです。
これらはどのような車を購入するかで割合などが変わってきて、車両価格が高くなるほど費用負担が大きくなる仕組みです。諸経費には、登録費用、納車費用、車庫証明費用、検査登録手続き費用、希望ナンバープレート代などが含まれます。
登録費用は10,000〜30,000円、納車費用は10,000円前後、車庫証明費用は3,000〜10,000円程度、検査登録手続き費用は3,000〜10,000円程度、自分が希望する数字をナンバープレートにしたい場合は、希望ナンバープレート代として5,000円程度の費用がかかります。

07審査に通るための3つのポイント

01虚偽の申告は絶対にしてはいけない

中古車を購入するために自社ローンを組むときには、金融機関が用意しているオートローンなどに比べると審査基準が甘いと言われていますが、だからと言って絶対に虚偽の申告だけはしてはいけません。
審査が甘いという言葉を勘違いして、適当な年収を記載してそれが嘘だと分かると、信用できない人物だと判断されて、それだけで審査に落とされることもあります。
どんなに条件面で優れていないと思っても、全ての情報を正直に伝えてください。

02他の借入を返済する

銀行のオートローンなどと比べて、中古車販売店が用意しているローンの審査では他社からの借入があっても審査にパスできる可能性が高くなっています。
しかし、確実に審査に通りたいなら、やはり他の借金は解消しておく方がより審査に通る確率を高めることができます。

03頭金を入れる

ローンを組むときには、頭金を入れることで審査に通りやすくできます。
頭金を入れると毎月の返済額を抑えられるだけでなく、返済能力が高い人だと判断されやすくなります。
頭金を入れられるということは計画的に貯蓄ができる人であることが証明できて、全体的な信用度がアップするのです。
資金に余裕がないなら無理に頭金を入れる必要はありませんが、余裕があるなら積極的に頭金を入れることをおすすめします。

08一般の中古車販売店と自社ローン完備の販売店の違い

自社ローン完備の販売店では、銀行などが提供しているオートローンの審査に通れなかった方でも、ローンを組んでマイカーを購入できます。
自社ローンを用意していない一般的な中古車販売店でも好きな車を選ぶことはできますが、その場合は現金一括での取引をするか、他のどこかで購入資金を工面しなくてはいけません。
自社ローン完備の中古自動車販売店でも審査の基準はお店によって異なりますので、ローン組めるお店もあれば、組めないお店もあります。
いずれの場合も支払い能力が認められなければいけませんので、借金まみれで毎月の返済が困難な方にはたとえ自社ローン完備の販売店に行ったとしても車を購入することは難しいです。
また、ローンを組めるかどうかは別として、販売店ごとに提供しているサービスも異なるので、その点もきちんと確認して購入先を判断しましょう。
例えば、車を購入するときには代車が必要になるケースも多いですが、お店によっては代車を無料で貸してくれるところもあれば、有料のところもあり、そもそも代車を用意してもらえなかったり、用意はあっても先客がいて借りることができなかったりすることもあります。アフターフォローにも注意が必要で、保証についても事前に確認しておきましょう。

09お客様からよく寄せられる相談とは

お客様からよく寄せられる相談とは

自動車を購入するためにローンを利用するお客様は多く、いろいろ寄せられる質問の中でもローンの審査に関する相談はとても多いです。その中には債務整理をしていても、ローンは通るの?という相談もあります。
金融機関などが用意しているオートローンなどに関しては、現在債務整理中である場合は審査に通れる可能性は0と考えた方が良いです。
債務整理をした場合は、5〜10年程度はその記録が残ってしまうので、オートローンを組むこともできなければクレジットカードを作ることもできません。もちろん、カードローンなどから借り入れすることもできません。
ただし、中古車販売店が独自に用意している自社ローンであれば、審査に通ることも可能となっています。どうしても車が必要で、現金一括では購入できないという方は、自社ローン完備の中古車販売店に相談してみることをおすすめします。
もちろんその場合でも各社が設定した審査基準を満たしている必要があり、誰にでも車を販売してくれるとは限りません。
現在きちんとした返済能力があると判断されて、その後もしっかり返済してもらえる人間であることを分かってもらえれば、自動車を手に入れることは可能です。ただし、ローンで購入した車は完済するまで販売店側の所有物であることを忘れてはいけません。

10よくある3つの質問

質問 自社ローンで新車を買える?
回答 結論から言えば、自社ローンで新車を購入するのは難しいです。なぜなら新車を扱うディーラーで取り扱いがないからです。
自社ローンは主に中古車を扱っている独自のローンであり、そこが新車を販売していない限り、ローンは組めないと考えた方が良いと思います。
質問 状態の良い車を見つけるには
回答 中古車を購入するときにはどうしても購入後の車の故障が心配になります。
自身が車に詳しく、エンジンなどの状況や事故歴などの判断ができるなら問題ありませんが、そうでないならその判断ができる人に一緒に来てもらい、車の状態を診てもらうことをおすすめします。そのような人がいないなら、信頼できる販売店を見つけましょう。
質問 ローンと一括のどっちが良いか
回答 車を購入するときにローンを活用するか現金一括で支払うかについては、どちらが良いとは一概には言えません。それぞれのメリットもあればデメリットもあるので、自分が今置かれている状況に合わせて判断しましょう。
例えば、お金に余裕があって生活にしばらく困らないなら、現金一括で車を購入した方が、金利を0に抑えられるので確実にお得です。
一方、多少お金に余裕があっても手元に現金を残しておいた方が安心という方は、ローンを組んだ方が精神的にも良いと言えます。

11中古車販売店を選ぶときの注意点とは

POINT 中古車選びで成功するには、販売店選びが非常に重要なポイントとなります。
そもそも自分が欲しい車の取り扱いがない場合はどうしようもありませんが、お店に在庫はなくても親身になって他から探してもってきてくれるお店もあるので、できるだけ良心的で信頼できるお店を選択しましょう。
それを見分けるには、こちらの質問に対して丁寧にしっかり応えてくれるかがポイントになります。
いろいろな話をしているだけでも人間性は見えてきますし、難しい質問をしてすぐに明確な回答が返ってくれば安心感も増します。もちろん、車のことに詳しい人でなければ、安心して車探しをお願いできません。
質問が見当たらないなら、わざと答えにくい質問をネットなので探して、正しい回答を自分で把握したうえで質問を投げかけてみましょう。嘘の答えをさも正解のように伝えてきたら、そのような人がいる販売店とは取引しない方が賢明です。
販売店によって利益の乗せ方が異なるのは当然ですが、中には諸経費に過剰な利益を乗せているようなところもあるので、そのようなお店とは取引しない方が良いです。
車両価格の相場も含めて、諸経費の金額についても事前に調べておくことで、悪徳業者との取引を回避することができます。

12ブラックリストとは

ローンに関する用語としてブラックリストなるものがあり、何となくそれがいけないことであることはほとんどの方が認識していると思います。しかし、具体的にそれが何かと問われると、答えに詰まる方も少なくないようです。
ブラックリストという名前から、自己破産などの債務整理やローンの返済などを怠った人たちの名前などの情報が掲載されたリストが存在すると思っている方も多いようですが、実はそのようなものは存在していません。
ブラックリストとは、債務整理などをして信用情報に事故情報が登録されている状態のことを指します。
登録されてしまうと、これまで利用していたクレジットカードが使用できなくなったり、新たな借り入れができなくなったりして、いろいろな不利益が生じてしまいます。
ローンの返済が少し遅れても、後からきちんと返すなどという考えで何度も滞納を繰り返していると、ブラックリスト状態となり生活にも支障をきたしてしまうので、くれぐれもローンの滞納はしないように気をつけてください。
ブラックリスト状態になっても、クレジットカードは使わないし、お金も借りないからも問題ないという方もいるかもしれません。しかし、そうなるとETCカードが利用できなくなって高速道路を利用することが不便になったり、携帯電話の分割払いができなったりなど、予期せぬところで支障が出てしまいます。

お役立ち情報

ローンが通らないけれど車が必要!
展開
中古車を手に入れたい!そんな方にお勧めなのが「自社ローン完備の中古車販売店」です。
頭金0円での申し込みも可能ですので、福岡をはじめ九州でお困りの方は参考にしてください。
詳細情報

PageTop